7年の沈黙を破って


Tokyo Crossover/Jazz Festival
略して
TCJF(ティー・シー・ジェイ・エフ)が
復活します。

2020年初頭にも
某レコード会社と組んで
開催を目論んでいたのですが、
コロナの流行で話は断ち消えに・・・。

2020年後半には
2021年に東京(日本)と
高雄(台湾)の共催案が浮上するものの
これも2022年に延期・・・。

ターニング・ポイントは、
2021年5月29日の代官山UNITで行われた
DJ KAWASAKIの
アルバム・リリース・パーティーでした。

あのイベントを僕は、
TCJF presentsと題し、
密かに復活を予感させる狼煙を上げます。

そして、
イベント中に、
僕は確信したのです。
ミュージシャンもオーディエンスも
求めていたのはこれなんだ!と。

コロナ禍で
動画配信という新しいフォーマットでの
DJやライブの視聴の可能性は広がりました。

ただ、
目の前で人が演奏しているのを目撃し、
全身で音を浴びる快感は
何物にも代えられない!
と再認識したのです。

音楽を爆音で聴いて
踊ることの喜び。

ソーシャル・ディスタンス・ルールで
距離はあったものの
見渡せば、同じ音楽を愛好する仲間達の姿が
自分を囲んでいる。

僕たちは決して一人じゃない。

音楽は不要不急??
いや、
音楽は至急必要だ!!
とさえ僕は強く思ったのです。

だらだらと続く緊急事態宣言を脱し、
すぐにでもこの状態に戻さないと
ライブ・ハウスも
ナイト・クラブも
人の心も死んでしまう!!

僕の本音が
脳裏に鳴り響きました。

その日から、
僕は静かに、
そして、慎重に動き始めたのです。

非常事態宣言が解除されないままだけれど、
音楽関係者の雇用を守るには
どうすればということも考えました。
国のガイドラインを遵守し、
感染症対策を十分に講じて、
イベントを開催する・・・。

そして、
3ヶ月後の事態の好転を祈って
TCJFを復活させるという
決断に踏み切りました。

勿論、
変異株による感染拡大で
余談を許さない状況であることは
理解しています。

最悪のケース(中止)を考えつつ、
今、動き出さないと
開催可能な場合に
告知や様々な手配に手遅れになります。
今、動き出さないと、
多分、今年は何も起こらないでしょう。

しかも、
来年1月末に閉店を発表したageHaで、
年内の週末で
会場と僕の予定が合うのは11月20日のみ。
TCJF最高の集客を記録した
ageHaで
あの興奮をもう一度!

夢見るのは僕だけではない筈。

もう、
TCJFをageHaでは
出来なくなるのですから・・・。

この7年で音楽シーンは
大きく変わりました。

もしTCJFが存続していたなら
出演オファーをかけていただろう
アーティスト達が
急成長を遂げ、
大型フェスに
出演するようになったのです。

Kamasi Washington
The Internet
Tom Misch
Hiatus Kaiyote

The Roomに
遊びに来てくれていたアーティスト達が
グラミー賞を受賞しました。

Thundercat
MonoNeon
Cory Henry
(コーリーは受賞してから
遊びに来てくれたタイプだけれど)

彼らの楽曲を僕は
自分の番組"JAZZ ain't Jazz"で
ずっとサポートして来ました。

番組内の名物企画、
"架空の夏フェス"という回の放送に
彼らを起用?したこともあるのです。

そのJAZZ ain't JAZZも
7年前に始まり、
去年終わってしまいましたけれど・・・。

この7年で
ロンドンの若いミュージシャンが
注目されるようにもなりました。

Kamaal Williamsにも
Joe Armon-Jonesにも
Ashley Henryにも会いました。
Nubya Garciaや
Moses Boydのライブも観ました。
Shabaka Hutchingsは
The Roomにも遊びに来てくれました。

どう考えても
僕の目に狂いはなかったし、
今こそジャズと
クロスオーバー・ミュージックの祭典を
再び立ち上げる時期であることは
間違いないと思います。

但し、
そこには招聘の壁が立ちはだかります。
今の日本に外国勢を呼ぶのは困難・・・。

この夏、
NYで、
ロンドンで、
そして
クロアチアで行われた
僕の知人や友人が参加するフェスの告知を見て
僕はうなだれました。

そして、
色々な意味で取り残された気持ちになりました。

海外ではもう
旬のアーティストから大御所までが
勢揃いしているのです。

そこで僕は
考えました。

それらのフェスに呼ばれてもおかしくない
日本人アクトを集めれば
世界が観たいと思える
フェスになるんじゃないかなと。

招聘できないハンデを逆手に取って
世界が羨むようなライン・アップを
組めばいいんだと!

和ジャズのレジェンドから、
僕の海外の友人達が
熱望する日本人DJまでを網羅。

第一回目から
世界基準を謳って来たTCJFだからこそ、
復活する今年は
国内勢でそれをクリアしてみせる!
という結論に至りました。

勿論、
この僕の野望は
ブッキングとしては実現すると思います。
そして、開催に向けて走り出しますが、
当日まで
乗り越えないといけないハードルは
いくつもある事でしょう。

繰り返しになりますが、
行政から該当するイベントの
中止要請が出た場合は、
TCJFを中止します。
会場が使えなくなった場合も
中止する予定です。
又、開催するにあたっては、
最新の各種ガイドラインを遵守し、
感染防止対策を徹底します。

中止のリスクを視野に入れながらも
とにかく今は開催を目指して動きます。

感染拡大の沈静化を祈るだけでなく
関係各位への働きかけ、
また関係者やファンへの呼びかけも
必要となるでしょう。

音楽を止めない、
そして、
人間らしい生活を守る為にも
実行委員会と開催に向けて
様々な努力に取り組みます。

新木場ageHaで
みなさんにお会い出来ることを
楽しみにしています。

2021年8月20日
Tokyo Crossover/Jazz Festival 発起人
沖野修也